新型スペーシアをより安く買う方法とは?

新車を40万円安くするノウハウ
スペーシア
スペーシアレビュー

圧倒的な燃費性能の軽自動車

小さな車体は小回りが自由自在
27インチの自転車も積められる収納性
女性ユーザー(特に主婦)に大人気
座席下収納で水滴のある買い物袋もシートが濡れない

価格 人気グレード 値引き額の目安
122〜153万円 660 X 6万円
エコカー減税 燃費
100% カタログ燃費:29.0km/L 実燃費:19.88km/L

 

質問値引きはされますか?

されます。値引き額は5〜10万円ほどです。目安は6万円でしょう。人気車種なので値引き交渉は難しいですが、こちらのサービスを利用すればより支払額を減らすことが可能でしょう。

質問燃費性能はどんな感じですか?

カタログ燃費は29.0km/Lです。実燃費は19.88km/Lとなります。とても良い燃費性能だと言えます。

質問エコカー減税の対象車種ですか?

どのグレードでも減税率は100%のエコカー減税対象車種です。

質問価格帯はどれくらいですか?

本体価格は122〜153万円くらいです。

質問エアロオプションはどんなのがありますか?

純正品のエアロパーツはルーフエンドスポイラー、ワイドバイザー、マッドフラップセット、サイドシルスカッフ、チューンタイヤなどがスズキから販売されています。ランプやドアにガーニッシュを付けることも可能です。

質問一般的な乗り出し価格を教えてください。

133万円くらいになるでしょう。

質問インテリアはどうですか?

視界が広いのでとても運転しやすい運転席となっています。インパネはメーターが多機能なので快適なエコドライブをすることができます。また、車内の空間も広々としていて乗降車が楽です。

質問人気グレードは何ですか?

「660 X」はとても人気が高いです。

質問走行性を教えてください

車体が小さいので小回りが利きます。また、コーナーでも車高の高さを感じない程、安定感が良いです。「ヒルホールドコントロール」という昨日で坂道の急な発進でも大丈夫です。

質問納車にどれくらいかかりますか?

速くて1ヶ月、遅くて2ヶ月くらいになると予想されます。

質問収納性は良いですか?

比較的良い部類だと言えます。ラゲッジはリヤシートをたためば27インチの自転車を搭載できます。また、車内には小物を置くためのスペースが各シート毎に設置されているので、ペットボトルなどの置き場に困りません。

※質問は随時追加します

支払い総額を少なくしてスペーシアを安く手にいれる

いきなり結論ですが、支払い総額を抑える方法は今乗っているクルマの下取り額をUPすることです。

 『いや、自分の車は10年落ち&10万キロオーバーなんで、値段が付かないのでは?』

と思っている方。大丈夫です! 高年式車でも高値で下取りしてくれるサービスがあります。
例えば古いカローラでも40万円以上の査定額になったりもしています。
車種にもよりますが、ディーラー下取りと比べると数十万円違うこともあるので
現状の下取り額がいくらになるかチェックだけでもしてきましょう(所要時間も3分程度です)
下取り差額だけでスペーシアのエアロやホイールなどが購入できるかもしれません。

ズバット買取

↑車検証が手元にあると便利です

>>簡単1分一括査定はこちら

 

ところで、このうようなオンライン査定サービスは何でこんなにも高値で買い取れるのか不思議に思うかもしれません。その理由はボロ車であっても頑丈で人気の日本車は発展途上国でのニーズが高く十分に高値で売れるからだそうです。

そして、上のシステムだと買取り業者が複数参加するため、あなたのクルマに対し、一番高い査定額を提示してきた業者に売ることができるため利用価値が高くなります。不要なクルマを大切に乗ってくれ、しかも高く売れるのであれば気持ちよくスペーシアに乗り換えられますしね。

   

2013年2月26日にスズキの人気車種であるパレットの後継機として発売された「スペーシア」。スペーシアのアピールポイントは何といっても燃費性能である。発電と充電をするエネチャージと呼ばれる機能を搭載することによりエンジンの負荷も減り、ムダなガソリンを消費しない。また、エンジンを自動的にストップさせるアイドリングストップも燃費軽減の助力となっている。その29.0km/Lを記録する燃費性能は他の軽自動車と比較しても群を抜くほど良い。通常、燃費性能を追求するとパワー不足により走行性が損なわれるのだが、スペーシアにはそれがない。ヒルホールドコントロールにより坂道でも発進できるのである。高い燃費性能と走行性を誇るスペーシアはまさにSUZUKIを代表する軽自動車と言える。

新車を40万円安くするノウハウ